イカゲーム

イカゲームの考察最終話まで!伏線や黒幕が誰なのか解説!

イカゲーム,考察,最終話

世界各国で超話題となっている韓国ドラマ「イカゲーム」。

韓国ドラマ初となる米ランキングで1位を獲得した「イカゲーム」はストーリーはもちろん、豪華なキャスト陣が出演していることで注目を浴びています。

そんなイカゲームには様々な伏線があると話題になっています。

そこで今回はイカゲームの最終話までの考察を解説していきます。
ゲームの黒幕は誰なの?!

ここからは、イカゲームの考察最終話までをぜひご一緒にお付き合いください。

※以下内容はネタバレありとなっていますので、ドラマをご覧になられていない方はドラマをフル視聴してからご覧ください。

今すぐイカゲームを見る

※31日以内に解約すれば0円

イカゲームの考察を最終話まで解説!

イカゲーム,考察,最終話

借金を抱えた者たちが、賞金めがけて挑んだのは昔ながらの遊びを取り入れた死のゲーム

ドラマ「イカゲーム」を視聴している最中に、さまざまな疑問に包まれた方も多いと思われます。

一度見ただけではなかなか理解できない部分があったわ。

ここからは、皆さんも気になったシーンを考察していきます。

考察①456の意味とは?

イカゲーム,考察,最終話

イカゲームに参加した主人公ソン・ギフンの番号は「456」番。

参加者の人数も456名、彼らが目指している賞金も456憶ウォンでした。

「456」という数字には、いったいどのような意味があるのか――。

 

ドラマの中で、参加者が数字を選ぶシーン。

一番最初に選ばれたのが真ん中の数字で、普通の人間の心理的に、“最初と最後を避け、大多数に囲まれた真ん中の数字を選ぶことが多い”と説明されていました。

「123 456 789」だから真ん中というわけか!

こちらは韓国で最も多い考察なのだそうです。

また、イカゲームを企画したファン・ドンヒョク監督に直接質問している韓国の記事を発見したので、参考にしてみましょう。

最初、私が10年前にこの脚本を書いたときは、1000人が参加し100億ウォンを置いて競争することであった。
ところが10年経った今、100億ウォンがア少額に感じて賞金を上げた。

歴代ロト当選金の中で最も大きな金額を探してみると、初期の400億が最も大きかったためそれよりも少し上げた。
そして一人当り1億ウォン程度の身代金ということに設定した。

誰かの解釈を見ると、1と10の中間という分析が出ていたが、解析してくれた方の創造性が凄いと思います。(笑)

引用:https://n.news.naver.com/article/023/0003642875

どうやら監督自身に特別な意味はなかったようです。

せっかくなら何か意味を持っていてほしかったのですが、さまざまな解説をしていくのもドラマをより楽しむポイントとなるのかもしれませんね♪

考察②壁に隠れたイラスト

イカゲーム,考察,最終話

イカゲームの序盤では気が付かなかった方も多かったと思いますが、じつは挑戦者が寝起きする部屋の壁にゲームの答えがあったのです。

なぜ序盤では気が付けなかったのかというと、1話ではまだ挑戦者がたくさんおり、多くのベッドで壁は見えていませんでした。

 

しかし、だんだんとベッドが減っていくにつれ見えてきた壁に、ゲームの種目であるイラストが描かれていたのでした。

こちらに関して監督は以下のように答えています。

「競争をすれば、お互いを見合って壁を見ようとはしない。
しかし、競争が終わってスペースが空いたら、その壁にも隠されているんだ。
ここで不気味な戦慄を感じることができると考えた。それをきちんと見て挑戦していたなら、より多くの人が勝者となったはずなのに、私は隠しておいた。」

引用:https://n.news.naver.com/article/023/0003642875

監督がいう「不気味」という表現。

お互いに気をとられず、しっかり壁を見ていれば…これは後々ギフンがトラウマになるのもわかりますよね。

このイラストの存在を知った時点で、「イカゲーム」を最初から見返したくなった方も多かったのではないでしょうか。

考察③めんこの色

ギフンは地下鉄の駅でスーツ姿の男にめんこ勝負を持ち掛けられました。

そのめんこの色が

ここでギフンが選んだのは「青」のめんこでした。

そして目覚めるとゲームの参加者になっていましたね!

イカゲーム,考察,最終話

後のゲームでは、挑戦者は緑のジャージ、ゲームの管理者は赤いジャンプスーツを着ています。

SNSでは、もしあの時ギフンが「赤」を選択していたら、挑戦者ではなくもしかして…との考察がたくさんありました。

今すぐイカゲームを見る

>>イカゲーム配信サイト一覧

※31日以内に解約すれば0円

イカゲーム黒幕は誰で伏線もあった?

イカゲーム,考察,最終話

イカゲームの黒幕の正体に、「まさか…」と驚いた方も多かったようですが、じつは黒幕が明らかになってみれば、さまざまな場面で伏線が張られていたのでした。

ここからはイカゲームの黒幕の正体と伏線について解説していきます。

黒幕の正体はオ・イムナル

イカゲーム,考察,最終話

結論からすると、黒幕はゲームの参加者001番のおじいさんオ・イムナルでした。

ゲームに勝利し賞金を得たギフンでしたが、帰ってみると母はすでに亡くなっていました。

多くの参加者たちの死を目の当たりにしてきたギフンは立ち直れず、1年経った後も賞金を使う事もなく、気力すら失っていました。

 

そんなギフンでしたが、ある夜、老婆から買った花束の中に入っていたカンブ」という差出人からのゲームの招待状を手にします。

招待状に書かれてあった場所に行くと、そこには001番のおじいさんオ・イムナルが待っていたのでした。

そこで、あのゲームを仕組んだのも、フロントマンを動かしていたのもイムナルだったという事を知ったのでした。

フロントマンが怪しいと思われていたりもしましたが、「おじいさんが気になる」という声もあったようです。

黒幕の正体をほのめかす伏線とは?

イカゲーム,考察,最終話

いざ黒幕がわかってみると、ドラマの中には所々おじいさんが黒幕である事をほのめかすような伏線が張られていたのでした。

では、詳しく見ていきましょう。

黒幕の伏線①楽しそうにゲームに参加する姿

まずはじめは第1話、最初のゲームとなった「だるまさんが転んだ」の時でした。

初めてのゲームで理解していなかった参加者たちは、恐怖のあまりショックを受けている様子が伺えました。

イカゲーム,考察,最終話

しかし、001番のイムナルだけはゲームを楽しむかのようにプレイしていたのです。

黒幕の伏線②最後の投票者

イカゲーム,考察,最終話

続いて、第2話のゲームを続行するか中断するかの多数決をとった時。

ここで最後の投票者となったのがオ・イムナルでした。

イムナルはここでゲームを辞める方に投票したため、挑戦者たちは元の現実の世界に戻れることとなります。

 

後にギフンの前に偶然現れたのもイムナルで「外に出てみたら彼らの言うことが正しいとわかった。借金を抱えた参加者たちにとってはこっち(外の世界)の方が地獄だ」とゲームの再会を希望したのでした。

また、この時イムナルが乗ってきた車がこっそり後ろに映っていて、その車がゲームの挑戦者を迎えに来る車と同じだったという話をしている方もいました。

 

ここでは、

  • 「あくまでも自分の意志で参加する」
  • 「現実の世界に戻ることで、ゲームに本気で参加する気持ちになれる」

というイムナルの企みが隠れていたのではないかとも言われています。

黒幕の伏線③殺し合いを知っていた?

イカゲーム,考察,最終話

また、第4話では食料不足から参加者たちの殺し合いが始まります。

なぜかイムナルだけはすでに高いベッドの上に登っており、殺し合いを止めるよう訴えるとゲームは終了したのでした。

イカゲーム,考察,最終話
消灯後に始まった殺し合いなのに、老人であるイムナルがすぐさまベッドの上にいたのもおかしいですよね。。

黒幕の伏線④001のデータがない

イカゲーム,考察,最終話

失踪した兄を探すため、侵入していたファン・ジュノがフロントマンの部屋を捜索していて見つけたゲームの記録が書かれた資料。

そのファイルを開いてみると、なぜか002番から始まっていたのです。

つまり001番のデータがないのです。

なぜなら、001番はゲームの主催者だからというわけなのです。

今すぐイカゲームを見る

公式サイトで今すぐ見る

※31日以内に解約すれば0円

イカゲームの最終話でも残った謎を考察!

イカゲームの中には最終話まで残った謎が多々あります。

ですから、続編のシーズン2に期待する声も当然出ています。

それでは最後に、いくつか残った謎についての考察にお付き合いください。

最後まで残った謎①赤髪になった意図

イカゲーム最終話で主人公ギフンは赤髪になります。

ギフンがなぜ赤色にしたのか…と気になりますよね。

監督のインタビューではこのように語られています。

「私はこの作品を書いて撮りながらしばらくギフンになっていた。作品をすべて撮り終わる頃、このように思った。

イムナルの死からギフンは、自分自身を正常に戻そうとするが、果たして正常に戻ることができるか。ゲーム開始前の自分に?

私がギフンなら美容室に座って何を考えてだろうか。
普段のギフンが絶対しないことをするだろう。ギフンが前とは違ったギフンになったからこそ。
次に、私ができる最もクレイジーな真似は何だろうという考えで赤髪にした。これはギフンの怒りのようなものである。」

ギフンの怒りを表す色だったのですね。

これは、イムナルが黒幕だったことを知り、最初から自分たちは遊ばれていたのだという事に対する怒りだったのでしょうか。

 

しかし、ファンの間では、「もしかしたら続編では赤色=ゲームの管理者の回るのでは?」と言われています。

ドラマは再びゲームに参加しようとしていると思わせるシーンで終わってしまったのですが、確かジュノの兄も挑戦者からゲーム管理者に変わっていましたね。

結局ドラマ内でギフンが赤髪した理由については明かされていませんが、答えは続編にてわかってくるのではないかと考えます。

最後まで残った謎②警察は死んだのか

イカゲーム,考察,最終話

失踪した兄ファン・イノを探すために島に侵入した警察官の弟ファン・ジュノ

そしてゲームに隠された事実が次々と明らかになっていく中で、兄が5年前の2015年の優勝者だった事を知ります。

証拠を掴んだジュノは島からの脱出に成功したのですが、フロントマンに追い詰められてしまいます。

フロントマンに撃たれたジュノは、崖から落ちて死んでしまうのです。

 

素直に受け止めると死んでしまったのだなで終わるのですが、

ゲームの証拠を掴んたジュノは、援護要請をしているシーンがありました。

そこで、じつは崖から落ちた後に救出されて生きているのではという説もたくさん挙がっています。

いろいろと伏線のあるドラマだけに、考えられることが豊富にありますね!

ただ、現時点では死んでしまった可能性が高いのも事実です。

最後まで残った謎③フロントマンの正体と理由

先ほどもご紹介しましたように、警察官のファン・ジュノは追ってきたフロントマンに撃たれ死んでしまいます。

撃たれる前、フロントマンが自らマスクを外すと、そこに現れた人物はなんと兄であるファン・イノだった――。

ここで、なぜ過去の優勝者であり、ゲームの内容もわかっているはずの兄が今度は進行役となっていたのか

 

遡ってみると、お金に困っていない兄が、家賃を滞納していることでも「何かある」という伏線が引かれていました。

過去の優勝者であれば賞金も手にしているはず…。

 

ドラマの最終話を見て思ったのですが、優勝者であるギフンは大金を手にしても手を付けずにいました。

そして再びギフンがゲームに参加するような形でドラマは終わりました。

同じように兄ファン・イノも何かがトラウマとなり、そして今度は進行役としてゲームに関わらなければいけない理由があったのかもしれません。

こちらに関してはおそらく続編があればわかってくると思うので、わかり次第更新していきます。

最後まで残った謎④スーツの男は何者なのか

イカゲーム,考察,最終話

ドラマでは最初と最後に登場するスーツを着た男性。

ギフンに「メンコ勝負をしませんか」とゲームを持ち掛けたのもこの男性なのに、結局最終話まで正体不明のままでした。

しかし、どちらにしてもゲームの関係者であることは確かです。

ゲームを企てたのがおじいさんだったなら、このスーツの男は何なのか。

さまざまな憶測が飛び交います。

 

イカゲームの監督とコンユは「トガニ 幼き瞳の告発」でも共に仕事をして以来、普段から親しい間柄を築いてきたのだそうです。

ファン監督へのインタビューによると「私の事前計画の中でコンユは既に進行スタッフまで経た人」と答えています。

ドラマの中では映されてしませんが、設定上、コンユはかつてゲームの運営関係者としての経歴と信頼を得ており、島の外部で仕事ができるようになった人物というわけです。

つまり運営側からすればかなりの重役というところなのですね。

こちらもシーズン2で明らかになるとスッキリするのですが、もしかしてラスボスなのかも??

ん――…じつに面白く、もどかしいですね!

今すぐイカゲームを見る

※31日以内に解約すれば0円

イカゲーム最終話までの伏線の考察と解説!まとめ

イカゲーム,考察,最終話

いかがでしたか?

今回は、「イカゲーム」の考察として、最終話までの伏線についてご紹介いたしました。

ここでご紹介した他にも気になるシーンはまだまだあるのですが、やはり一度視聴しただけでは気が付くことはできないかもしれませんね!

とにかく、キャストも凄いけれどストーリー性も本当に素晴らしい作品だと感じられる部分でもありました。
こういったところから、すでに視聴者の心理を突かれているのかもしれませんね。

伏線が隠されたドラマは見終わった頃に疲れを感じることもあるのですが、イカゲームはまだまだワクワクの期待感が残るドラマでした。

ぜひ多くの方におすすめしたい作品だと思います!

画像引用:Netflix,NetflixInstagram

RELATED POST